サラリーマンの副業は上手くいくか

公開日:  最終更新日:2015/11/10

サラリーマンと言えども、満足な給料をもらえている人は、そう多くはなさそうです。家庭持ちなら家のローンやら子供の養育費やら、独身でも車の購入や結婚資金のための蓄えなど、必要な資金はいくらあっても足りないという人もいるでしょう。しかし、そうだから給料の高い会社に転職するなどという考えは、至って現実的でないことも確かです。そんな甘い社会ではありません。

そうなってくると、なんとか貰える給料でやりくりするしかないのでしょうか?しかし、やりくりにも限度があります。ですから、そういう人達は、まず副業を考えてみることが重要になってきます。しかし、あくまでサラリーマンの副業ですから、本業が疎かになるレベルのものは無理ということになります。出来れば平日であれば短時間で済み、土日も完全に潰れるようなものは避けたいわけです。一般的なモノとしてはアフィリエイトサイトの運営やオークションサイトなどを利用した転売などがあります。ただ、これも軌道に乗るまではある程度時間を要しますので、すぐに儲かるというわけでもありませんし、転売では損失を出すリスクもあります。かと言って、サラリーマンの副業としては、ダブルワークは時間や疲労の面で無理もありますし、そう簡単ではないですね。なかなか副業というのも楽ではないのです。

しかし、2016年からは別の問題が発生します。マイナンバー制度が始まるのです。これにより、副業と言えどもきちんと納税していないと、税務署にバレる可能性が高まります。また、きちんと納税した場合には、会社に税金が源泉徴収額より、調整含めても多額になりますので、何やら他に収入源があるのがバレて、副業禁止の場合には不利益になると言う事態が発生しかねません。

そう考えると、サラリーマンの副業と簡単に言っても、現実はドンドン厳しい状況になっていると言えるでしょう。世の中なかなか上手くいかないものです。やはり景気が良くなって本業で給料が上がるのが一番良いということなのでしょう。

PAGE TOP ↑