ネットビジネスがワークスタイルとライフスタイルを変えた

公開日:  最終更新日:2015/11/07

ネットビジネスの隆盛が日本人のワークスタイルを変え、さらにはライフスタイルまでをも変えてしまいました。今やネットビジネスはするかしないかという問題ではありません。ネットビジネスを退けるなどという選択肢は現代にはありません。むしろ、いかにして善用するかを考える段階に到達しているのです。いつまでも旧来の価値観に拘泥していると、時代に取り残されます。これからの時代を生きるものは、ネットビジネスの可能性の中心を探求し、そこから最良の果実を受け取らなければならないのです。

ネットが普及する以前、かつてオフィスには社員各人の固定席がありました。会社に来れば、それぞれが決まった席に座ったものです。しかし、ノートPC一台あれば仕事ができるようになってからは、固定席という概念が消え、会社内の机はフリーアドレスとなりました。そして、ネットビジネスが恒常化した今ともなれば、ノマドと呼ばれる、会社にすら通勤しないワークスタイルが普及するようになりました。おそらく今後はこの方向がさらに突き詰められ、働く場所が流動化していくことでしょう。

こうしたワークスタイルの変化はライフスタイルをも変えつつあります。働く場所を選ばない時代なのですから、当然のことながら、住む場所を選ばない時代になりつつあるということです。衣食住を近接させる必要はもうなく、東京の会社に勤務しながらも、山梨や長野などに住む人も増えてきているそうです。ノマドワーカーと呼ばれる人たちの中には、さらに極端な人もいて、世界中を旅しながらネットでビジネスをすることも珍しくないというのですから、驚きです。どこに住んでいても仕事ができるとなれば、今後は住処を定めない時代になるかもしれません。ノマドワーカーのような人々はますます増えていくことでしょう。

ネットがあればビジネスができるような時代になったおかげで、時代は大変動を迎えています。この変化に逸早く反応して、新しいライフスタイルを築けるかどうかは私たち次第です。新しい時代にしっかり適応していきたいものです。

PAGE TOP ↑