一時期より叫ばれなくなってきた方法でもある

公開日: 

ちょっと前までは、クレジットカード現金化がいいよという話もよく聞かれていましたが、現在はそのような話を聞くことが少なくなっているように感じます。特に悪いわけでもないですし、このサービスを利用するかしないかは、キャッシングと同じように個人的な責任によるものです。そのため利用してはいけないということではないと思いますが、やはりイメージが悪くなっていることと、業者に対する不信感が生み出されているのではないかという部分を感じます。

その理由として挙げられるのが、クレジットカード現金化は業者の取り分というものがあるのですが、設定されている数字よりも余計に取られていることがあるからです。本来は決められている数字だけを取るようにしていますが、こっそり割合を増やしてしまい、現金になってしまう金額がそこまで多くなっていないケースがあります。こうした問題が明るみになってきたことが、普通にキャッシングを利用した方がいいという部分に繋がっているのかもしれません。

またニュースで取り上げられたことによって、クレジットカード現金化がキャッシングよりも悪質なサービスに見えてしまい、結局お金を借りるという方法ならキャッシングになってしまうのです。ただブラック状態となっている方がキャッシングを使うことはできず、このサービスに走ってしまうこともあります。持っているクレジットカードならお金を借りられますが、キャッシング枠が止められているような状態でも、ショッピング枠を使ってお金を手にできるという部分はあります。
過剰な宣伝という部分は無くなりつつあり、徐々にですがクレジットカード現金化というのは叫ばれなくなっているような気がします。サービス自体が悪いということではありませんが、逆に言えば飛び抜けていいということでもなく、使うには勇気のいる方法となります。そして利用していいのか悪いのかを判断するため、比較作業が凄く重要となる方法なのです。

PAGE TOP ↑