朝子が始めたネット副業は、オークション出品

公開日:  最終更新日:2015/11/01

朝子は現在39歳。小学生の子どもが2人いる主婦である。週に3日のパートタイマーとして収入を得ているが、家計に回しているので自分に使えるお金は少ない。数年前に家を購入したためそのローンに家計は少し苦しい。子どもの将来のために貯えも必要なため致し方がないと思っている。しかし友人からネット副業の話を聞いて、朝子も始める事にした。それはオークション出品である。実は朝子は、独身時代はかなりの収入があったため、ブランド品や高価な洋服をたくさん持っているのである。今となっては着る機会がない華やかな洋服や、ブランドの靴やバック、アクセサリーがクローゼットにかなり眠っているのである。ネットオークションで子ども用品を落札したことはあるが、出品については考えた事もなかった。

ネット副業の話を教えてくれた友人は、独身時代の同僚であり、現在も独身だ。そのため使わなくなった洋服やブランド品を、以前からオークションに出品してお小遣いを稼いでいたようだ。ブランド品の出品が多いため、ネット副業として結構なお小遣いになるようだ。しかし、お金が目当てと言うよりは、ファッションに興味があるため売れるのを楽しんでいるのだ。今でもキャリアウーマンとして働いているので、お金は充分にある。少しビジネス感覚で、ネット副業に勤しんでいると言った感じだ。そんな友人の楽しそうな話を聞いて、朝子も出品を始める事にした。

カバンや洋服、アクセサリーなど全部合わせると20点ほどあった。他にもあったが、とりあえずは対応できる数から試しに始める事とした。初めての試みにドキドキしたが、嬉しい事に予想以上の値がついたものばかりで、思わぬお小遣いを手にする事ができた。まだまだ出品できるものはたくさんある。子どもの服やグッズなどもある。押し入れには結婚式の引き出物でもらった食器などもある。買っても着ていない服や靴もある。それらのものも、順次出品してネット副業を継続していく予定である。

PAGE TOP ↑